×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ス ピリチュアルに関する、江原さんやスピリチュアルケア、スピリチュアルス ポットなどスピリチュアルに関するサイトです。
スピリチュアルスポット.com

スピリチュアルス ポットに関するサイトです。

  
ミディアムというTVドラマをご存知でしょ うか?
この『ミディアム』は、アメリカのTVドラマで大人気を博しているスピリチュアルな番組なのですが、日本でも、江原さんによ る、スピリチュアルブームの影響で人気が出ています。
このミディアムというTVドラマの主人公のモデルである、アリソン・デュボアさ んという方がいるんですが、この方の霊能力は、統計・データ主義のアメリカで早い時期から認められています。


スピリチュアルスポットが注目される訳

そもそも、そのミディアムというTVドラマの主人公のモデルになった霊能 者のアリ ソンさんですが、この人をリサーチしたら、さらにすごいことが分かりました。

このアリソンさんの故郷は、アメリ カのアリゾナ州なんで すが、アリゾナ州といえばアメリカで一番強力といわれているスピリチュアルスポットが点在しているところだと言われています。

※ ここで、スピリチュアルスポットをご存知でない人のために、スピリチュアルスポットについて簡単に説明しますと、スピリチュアルスポットというもの は、パワースポットとも言われており、例えば、日本であれば、 神社仏閣は基本的にパワースポット(スピリチュアルスポット)に作られていると言われています。身近なところで、パワースポット(スピリチュアルスポッ ト)へ行くのであれば、身近なところにある、神社にお参りして好きなように散策してみるといいでしょう。
気持ちのいい場所を見つけることができると思います。
スピリチュアルスポットは、できれば大きな神社や鎮守の森のような樹齢100〜 数千年の神木があるところが、なお よろしいでしょう。

スピリチュアルスポットの本題に戻りますが、霊能者のアリソンさんの出身地である、アリゾナ 州はスピリチュアルスポットが点在している場所で有名なんですが、ここのスピリチュアルスポットには、アメリカ中のスピリチュアル信奉者が集まってくる、 ちょっと他の州とは一風、変わった特異な州なんです。

アリゾナ州の中でもさらにスピリチュアルスポットの力が強 いと言われている、アリゾナの首都、フィネックスから北に2時間ほどのところに、スピリチュアル的に有名なスピリチュアルスポット群が位置するセドナとい う小さな町があります。

有名なスピリチュアルスポット群が位置するセドナという街は、少し不思議な感じをかもし 出していると、そこへ訪れた、多くの観光客が口々に言っています。

スピリチュアルスポット群が位置するセドナの メインストリートは赤土の山の中腹の展望ポイントにあり、街のこじんまりさ加減はまるで地方高速道路の絶景ポイントつきサービスエリアともいわれていま す。

スピリチュアルスポット群が位置するセドナは、壮大な景色を見る為に通行人は車を止めて、観光客でショップ はなんとなく賑わっているそうです。これを聞くだけでも、スピリチュアルスポットのセドナに行ってみたいものです。

ス ピリチュアルスポット群が位置するセドナにはとても強力なエナジーが渦巻き状に放出している場所がいくつも点在しているらしいので、私もいずれスピリ チュアルスポット群が位置するセドナには旅行にいきたいですね。

スピリチュアルスポット群が位置するセドナの中 でも、特にキャセドラルロック、ベルロック、エアポートメサ、ボイントンキャニオンの4箇所は、エジプトのギザのピラミッド、イギリスのストーンヘンジと 並ぶほどの世界的にもパワフルなスピリチュアルスポットを持つといわれ、アメリカでは一番パワフルなスピリチュアルスポットとして知られています。

こ れらはボルテックス(エナジーが大地から渦巻き状に放出されている場所)とよばれているそうですが、各場所女性性と男性性に別れていて、その効力も異な るそうです。

女性性を持つボルテックスでは、疲れた心と身体を癒してくれるといわれ、男性性を持つボルテックス は、ハイヤーセルフや宇宙の力(知恵)とつながりやすくしてくれる(=チャクラが開く!?)といわれているとのことです。

ス ピリチュアル好きな私にとっては、ぜひスピリチュアルスポット群が位置するセドナに一度行きたい!
今、セドナへ いくために、毎月、せっせと貯金を少しずつしています。

ス ピリチュア ルスポットにある、この不思議な力でこの街は溢れているから、旅人はここを通るだけで澄んだ美しい気持ちになれると地元の方はおっしゃっているそうです。

ス ピリチュアルスポット群が位置するセドナには、この4箇所の強力なボルテックスは元はネイティブアメリカンの聖地であったといいます。

あ るとき現れたアメリカ人の高名な占い師がスピリチュアルスポットのパワーに気づき、科学的にもこのスパイラルの現象が実証されたんだとか(やっ ぱりなんでも証明したがるのがアメリカ人ですね)。

そして今ではスピリチュアルスポット群が位置するセドナの人 口約17000人中のほとんどが、ヒーラー、リーダー、もしくはアーチストなんだそうです。

それにもびっくり! 江原さんみたいな人が17000人もいることを、想像できますか?

アリソン・デュボアさんの住むアリゾナ州はア メリカNO.1のスピリチュアルスポットだった! ということです。


スピリ チュアルケア

アメリカにはスピリチュアルケアの治療の教育を行う大学もあるそうです。

主 にスピリチュアルヒーリングといって、患者の体に手をかざしてオーラとか、人間のエネルギーフィールド(というのがあるらしい)の調整をして、肉体を治療 をする(スピリチュアルヒーリング)治療法の訓練を行っているようです。

学長はバーバラ・ブレナンという女性 で、経歴をみると、NASAで流体力学の研究をしていた科学者だそうです。

世界的に有名なスピリチュアル・ヒー ラーでもあり、過去に多数の著名人が治療を受けているようです。
『癒しの光』『光の手』という二冊の本が邦訳されていますが、スピリ チュアルヒーリングに関する客観的で体系的な研究書で、非常に説得力があります。

また、スピリチュアル繋がりと して、多重人格者の中には、ある人格のときには病気なのに、別の人格に切り替わるとその症状が消えてしまうひとがいるという本を読んだ記憶もあります。

ま た、以前読ん書籍本で、『記憶する心臓』という本も面白かったですね。
心肺同時移植手術を受けた著者(アメリカ人)が、手術後、性格 や 食事の好みに大きな変化が出てしまったことを不思議に思い、これは心臓と肺のドナーの性格が自分に移ってしまったのではないかと考えて、自分の心臓のもと の持ち主を探していくという実際のお話です。

結構、似たようなエピソードがテレビで紹介されたのを見たこともあ りますよね。

現代医療では記憶は脳が担っているとされていますが、それでは説明のできない事が次々に挙げて、問 題提起をしています。

少々、話がそれてしまいましたが、コテコテの西洋医学のパラダイムでは解説のできない事例 を挙げてみました。

鉄は水よりはるかに比重が重いのだから、鉄の船が水に浮くわけがないと考えられていた時代が ありましたよね。

また、地球は天動説であると考えられた時代もあり、地動説と主張する、その当時の最先端の科学 者が不当な扱いを受けてしまう時代もありました。

また、人間は空を飛ぶことは決してできないということが、科学 的に証明されていた時代がありました。
なぜならそれは、人間の大胸筋は鳥のように発達し得ないから、鳥のように羽ばたき続けることは できないからだ。という理由だったそうです。

上記のものは、今の時代から見れば、とても誰しもが、滑稽に見える でしょう。

もし、今から100年後の未来の人が、現代人の論争になっている、
スピリチュア ル な話題を、どのように映るでしょうか。

人それぞれ、意見は様々あるでしょうが、私はきっと先ほど触れた例と同じ く、今から100年後の未の来人からすれば、きっと、スピリチュアルな話の論争は、未来人には、滑稽に写ることでしょう。

未 知なものに対して、安易に不可能だとかやらせだと批判すれば、それ自体が、その方自身の思考停止の状態であり、視野が狭いままだと、新しい可能性が見出だ せません。

有史以来、人類は様々なものを発見、発明して、当時では不可能といわれてきたものが、時代の流れに よって、ことごとく覆され、また、科学・医学も進歩し続け、先に挙げたような事例を矛盾なく包含できる時代がやがて来るかもしれません。

既 存の概念のもとに現実の事実を否定するのではなく、事実を事実として受け入れることで、既存の概念の枠を広げていける世の中になってもらいたいなと思いま す。

正直、私も最初はスピリチュアルなものに対しては、一時期、懐疑的な立場でしたが、事実を事実として受け入 れること で、スピリチュアルに対する見方が変わってきました。

説明の付かない出来事は、この世の中にはたくさんあります が、スピリチュアル な考え方を取り入れることで、今まで説明の付かなったものも、不思議と説明が付くのも、また、事実ではないでしょうか?

少 なくとも、私はそう思います。
スピリチュアル空間  スピリチュアル  ブログアフィリエイトで稼ぐ日給8万 円  初心者でもアフィリエ イト稼ぐ秘密 

ス ピリチュアルスポット.comのトップへ
Copyright (C) 2007 byスピリチュアルスポット.com, All Rights Reserved.